2016_05
08
(Sun)11:02

Muttertag basteln

"Alles gute zum Muttertag"

mtg16s04.jpg◀RYくん制作

2016年5月3日火曜日

来る母の日にむけて、今週は、ママにナイショのプロジェクト。

時には、コースを一緒に見ていらっしゃるお母様方にも、今日だけは、無理やり(?) カフェに、お出掛けしてもらいました。
そして、早めの、お迎え到着もナシで、お願いしました。

ドアをパタンと閉めてから.........

"さぁ!今日は、忙しいよぅ。
ママ達が来るまでにラッピングまで、終わるからね。

今度の日曜日は、母の日だから、プレゼントを作るよー。ママに世界で、ひとつのアクセサリーを作ろう。"


こういう時の子供達は、いつにも増して、キラキラした瞳をしています。
なぜなら、子供達にとって、*ママにもヒミツ* ってことが、かなりドキドキするからです。

なんと!
画材も、全員が初のSpeckstein (ソープストーン彫刻) にチャレンジ。

ネックレスにして、革紐なのか、チェーンなのか、ケータイアクセにキーホルダーにするのかは、お好みもあると思うので、ママ様方に自由にアレンジしてもらいたいと思います。

子供達が作るのは肝心の飾りの部分です。

加工する前の石は、ゴツゴツしていて、かなり粗いです。

専用の工具で、柄をつけてみたり、磨いて、形を整えていきます。
最初に、粗く削る時の道具は、ガリガリ、ガリ。大胆にいこう!うぉりゃー!

mtg16s03.jpg
▲みんな、真剣な制作中…

"その次に、細めの道具には、削るために、先にダイアモンドのクズがついています。だから、みんな、大切に扱ってね。違う物や違う場所をガリガリしないようにね。"

と説明すると、"ダイアモンド?ほんとー?なになにぃ?"と、みんな興味津々。

私のアトリエでは、小さな子供達にも、良質の本物の道具に触れてみること。とても大事にしています。
コース中に、どうしても使用するカッターナイフやグルーガンなどの危ない道具は、先生しか触らない、側にも行かない、ふざけないって、お約束になっています。みんな、上手に守れています。;-)

ソープストーンを削ると白い粉にはなります。みんな、真っ白。

mtg16k01.jpg
▲Hちゃん、お鼻にも ついてるよ。笑

というワケで、先生も手が真っ白で、写真少なめ。あしからず。
mtg16s06.jpg◀Eちゃん制作

mtg16s05.jpg◀RMくん制作

mtg16k02.jpg
▲Hちゃん(右)とGくん制作

ママ、だいすき。
まま、ありがとう。
Alles Gute zum Muttertag

みんな、それぞれの 気持ちを書きました。
ママ達、とてもうれしかったはず。

コースは火曜日。母の日の日曜までは、到底、待ちきれずに、すぐにアトリエ帰り道に渡したRちゃん。
やはり、その日のうちに渡したのは、G君だそうです。

"だって、せっかく作ったんだもん。ナイショなんて、もったいないよ!"
って、コースの時に言っていた2人だったのでした。

ほかのお母様方には、"今日は日曜日だよ!って、お子様に教えてあげてください。それが、みんなには合図ですから。"と お願いしておきました。

子供たちにとっては、一日という時間は、たくさんで、未来は、明日。明後日のことなんて、とっても遠くの未来なのです。だから、まだ曜日の感覚なんてない子供たちには、大変なことだったのでした。


☆我が家のエピソード☆
私も、ママです。:-)
何かを学校で作ったらしく、次男は、6日前ほどから、"母の日は、いつ?"と毎日、訊いてきました。
当日になるまで、子供部屋のどこかに隠されていたヒミツのカード。ようやく、日曜の朝に、もらいました。

カードを開いて、爆笑。
なにがって、小学生になり、最近、文章を書いたり読んだりするのが、うれしい次男。

Du kannst gut smoothy machen.

(ママは、スムージーを作るのが、上手だね。)

次男よ…、ゴハンとかケーキとか、とっても時間をかけて作るレシピでなく、キミには、果物カットして、ヨーグルト入れて、ガガガ・ゴォーーーーーーッてするだけの スムージーが大事なんだね。次男よ。るー。(T_T;)

だけど、
なんとも...彼らしくて、ほほえましく、一生懸命に作ってくれた布地も使ってある かわいらしいカード。
私にとっての とても大切なカードとなったのでした。💟



2016_05
06
(Fri)11:21

Jap.Kindertag "Koinobori" basteln

5月5日は、子供の日。

ドイツも祝日でした。
(祝日の理由は違いますが、ドイツもお休みの日でした。)

ktbk161.jpg

日本は、もちろん、子供の日!

折角だから、日本の行事に沿ったイベントにしてもいいかもな...とアトリエでは、鯉のぼり工作をすることにしました。

気づけば、すでに、たったの一週間前。お知らせも間近に迫っていたし、
アトリエの子供たちだけで、少人数の のんびりした工作タイムもステキだなと思い、企画しました。

今回は、フェルトにて工作。

14時からのちびっ子アーティスト親子クラス

まずは、キャンバスボードに、空色の絵具で、下地塗りをします。いつもは、厚塗りたっぷ〜りの絵具も "今日は
なるべく薄く塗ってね。"と、みんなに、お願いしました。
でないと、時間内に乾かないと、持ち帰って飾れなくなるからです。汗)

ktbk164.jpg
▲塗ったボードは、お日様に乾かしてもらおう。

ktbk162.jpg
▲いつも丁寧に仕上げていくのは、Rちゃん。真剣です。

ktbk165.jpg
▲Sちゃんの小さな指は、黙々と、ボンドでパーツを着けていきます。なんと器用に、細かな部分も。
そして、余った別の色のハギレも拾って、鱗部分に重ねていき、てんこ盛り。笑)

ktbk167.jpg
▲Sちゃん、鱗の一番カラフルな鯉のぼりが出来ました! ステキだね。

ktbk166.jpg
▲今日のアトリエには、久しぶりに、ココロ強い助っ人、みんなのあーたんお兄ちゃん(12)が参加です。
一緒に、みんなの制作を手伝ってくれています。

さて、ひたすら、ボンドで貼っていきます。

ktbk163.jpg
▲Nちゃん、今日はお父様も一緒に来てくれてうれしいのか、最初からテンション高めです。楽しそう。

でも、途中から・・・Nちゃんは、監督になってる。
あれれ?お父さんの手が工作していないかな?
Nちゃん、お父さんが作ったら、それはお父さんの作品だよ。お名前を書く時、どうしようかな?


と言うと、

"そうだよ、先生が、≪Nちゃんのおとうさん≫って、書いちゃうよー" とお母様も、フォローしてくれました。

そこで、Nちゃんは、大慌て。"え"!Nちゃんのじゃない?Nちゃんの、だよ。" そこからは、Nちゃん、とても張り切りました!

ktbk168.jpg
▲ボンドをつける側を間違っちゃって、鯉の向きが、おやや?と反対になったLくんも、無事に直して、完成!

(トップに掲載してある)今日の集合写真は、最高です!いつもは、みんな違う方向みてたりするからね・・・。

15時からの 子供アーティストクラス


ktbk169.jpg
▲Gくんは、アトリエにも慣れてきてくれた様です。いつも、元気いっぱい。
これは、ママと制作しているGくんの手。

ktbk1610.jpg
▲出来上がったGくんの鯉のぼり。上手にできたよね。


ktbk1611.jpg
▲Aちゃんは、いつも、お兄ちゃんについて、アトリエにつきそいです。
だから、こうやって自分が制作に加わる時の制作意欲は、とても微笑ましいです。

ktbk1612.jpg
▲安定感のRくんの手つき。着実に仕上げていきます。Rくんだけは、あーたんお兄ちゃんに、教えてもらって
自分で手で、折り紙の風車も折りました。

ktbk1613.jpg
▲兄妹で、完成した作品と。むずかしいなぁとつぶやきながら、作っていたAちゃんも、完成したね。嬉しそう。


ktbk1614.jpg
▲我が家では、大慌てで、リビングに飾った兜2台(我が家には、息子が二人)と 食後の柏餅。
餡子のダイスキな次男坊が、パクパクと食べる横で、(餡子は苦手だけど)"とりあえず縁起物なので頂きます…"という 長男。
本当に、子供って一人ずつ、個性があって、面白いデス。

アトリエの子供達みんな、太陽をたくさん浴びて、いつも楽しく笑顔で、空を泳ぐ鯉のぼりのようにたくましく、元気いっぱいに育ちますように。

サキ
2016_05
04
(Wed)09:40

Muttertag basteln Episode

mtg2016ka.jpg
母の日のプレゼントを制作中のエピソード。


誰のママ宛?

プレゼントをラッピングする封筒も、子供達がつくりました。
赤いハートは、パンチングで切り抜き、ひとつずつ貼ってあります。

その後に、なんてメッセージを書こうか?と みんなで相談。

◯◯ちゃんに、私が、

"まま、だいすき。◯◯" って かいたら、どうかな?"

と話していると横から、はりきった☆☆くんが、とても威勢よく、


"わかった!
☆☆くんも、 まま、だいすき。◯◯ ってかくよ!"



いや、☆☆くんは、◯◯ちゃんの名前までは、かかなくても、いいかな...笑)

返事をしつつ、吹きだしてしまいました。

あまりに可愛くて、このエピソード、つづっておきます。
2016_05
01
(Sun)10:59

Mission Crocodile

"ワニ わに 大作戦!"

16mcsk0400.jpg


アトリエに参加してくれる前から、自宅でダンボールなどを使って、工作したりするのが、ダイスキなボーイズ。

今日は、思い切り、作るよ!

"なにを?"

まずは、ひたすら、玉子パックを緑に塗りまぁす。10個入りパックを、1人3パック。
結構、凸凹があって、塗るのは大変。凸部分を30箇所。だけど、この凸凹が大事。

16mcsk0402.jpg
▲ 1回目は、玉子パックを ひたすら緑に塗ります。

RMくん 「え~、もう疲れたよぅ。」

いやいや、まだまだ。
じゃ、みじかいワニでも、いい?

「それは、イヤ -_-b 」と、結局、頑張るRMくん。

2人が塗っている横で、先生は、その他のパーツ作り。前足。後ろ足。しっぽ。

これも、塗ってね!

そして、ひたすら緑色…に充分、飽きたところで、赤!
パックひとつだけは、中も塗ります。真っ赤に塗ります。

大きな大きなクチの中。


白いのは、ジグザグに切ります。歯になります。

1日目のコースは終了。

1週休んで、再開。
今日は、完成させようねっ!

16mcsk0403.jpg
▲2回目は、組立て作業に入ります。

ひとつずつ、かわりばんこに組立ていきます。 しっぽは、どのくらいの長さにしようか?

16mcsk0405.jpg
▲途中で、並べてみて、ワクワクしてきたRMくん。
「あのさっ、出来たらさ…どっちのワニが強いか、戦おうよ!」


16mcsk0404.jpg
▲ちょっとお兄ちゃんな RYくんは 「・・・(苦笑)」
でも、自分もシッポを持って、イロイロしてみる辺りが、カワイイ。

この2人の掛け合いが、近ごろ、とっても面白い。:-)

この "ワニわに大作戦" には、参加していないけど… 
普段は ココに とってもシャイなEちゃんが加わる。
なかなか、個性あふれる面白いクラス。

16mcsk0406.jpg
▲出来上がり。

RYくん★電車での帰り道、巨大ワニのお持ち帰りは、ホームで目立ちまくって、
知らない人に、たくさん声を掛けられたそうです。

RMくん★巨大ワニ、お家の壁に飾ってくれてあるそうです。



下記の2枚は、ママ様から頂いたカワイイ写真。

お兄ちゃんのワニをみて、自分も作りたくなった妹のAちゃん。
ママと一緒に、チビわに子ちゃんを作ったそうです。


あまりに、かわいらしく…ママ様より、許可を頂いたので、掲載させてもらいました💛

16mcsk0407.jpg

16mcsk0408.jpg
▲お兄ちゃんの作ったワニは、Aちゃんより、大きいね。

妹ちゃんも大満足の"ワニわに大作戦"なのでした・・・