2016-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2016.11.24 (Thu)

Kinderausstellung 2016

kinderausstellung16de.jpeg

一段と冷え込む朝となりましたが、皆様には、いかがお過ごしでしょうか?

ミュンヘン•子供アトリエで、日本語アートコースに参加する 子供アーティスト達が、日頃のがんばりを お見せするべく、この度、"子供展覧会"を開催致します。

"てんらんかいってなぁに?"と言う子や、"きっと何だか、スゴイね!って言ってもらえる日らしい"と思っていたりもしますが...
チャレンジしてみたいという出展への参加を希望した 子供アーティスト達です。

ちょっとドキドキしながら、誇らしげに作品を展示致します。第1. Adventでお忙しいこととは思いますが、お時間がありましたら、どうぞお立ち寄り下さい。

もし、少しだけお時間ありましたら・・・
会場にあるサイン帳に、誰の作品のどこが気に入って下さったのか等、子供アーティスト達に ステキなメッセージを一言、頂けたらうれしいです。子供アーティスト達の励みになります。

kinderausstellung16jap.jpeg

タイトルは、『はじめてのてんらんかい。 2016』

はじめての・・・という意味は、子供アトリエにとってではなく、
今回、出展する 多くの子供アーティスト達にとって、生まれて初めて作品が自宅ではない場所で展示され、
家族以外のみんなに見てもらえることから、です。
成長ざかりのお子様たちにとっての 初めてのたっち。あんよ。最初の乳歯が抜けた日。
たくさんの大切な【初めてエピソード】のひとつに、【初めての作品展示】を加えて頂けたらな…と思い、企画しました。

子供アトリエ
Saki´s KINDER KUNST AG

11:12  |  Ausstellung/こども展覧会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.18 (Fri)

Eigene Sprache bei Kindern

Zombie Farbe ?! ゾンビ色 ?!


171116lzf.jpg

黄色、まぜたいなぁ。

☆それから、オレンジ

☆あと、

も、入れてね。

☆あとねぇ、茶色まぜようかなぁ。

☆それから、これっ!
(蛍光オレンジ)

…どんどん混ぜていく。
パレットは、既に黄色と黒の時点で、
最初から、いきなりのグレー

少し明るめの色を 多めに入れても、グレーな感じは消えないけれど… L君のいう色を、ひたすら、更に混ぜていく。

171116lzf2.jpg

"ねぇ、これは何色って名前にする?
Lくん色かな?名前、つけてみよう!"

☆えっとね、

ゾンビいろっ!

え?ゾンビ?確かに、ゾンビ色だねぇ。

☆ちがうよ!ぜんぶいろっ。

ごめん、ゾンビじゃなかったかぁ。
ぜんぶいろかぁ、ほんとだね。
そうしよう、この色の名前は、ぜんぶ色。

子供達の言葉の引き出しは、まるで宝箱です。
そのままのネーミング。だけど、まさに、その通り。
こんな風に、子供達のかわいらしい言葉に出会う度に、うれしくなります。


an1116eh.jpg
▲最新作。 Aちゃんのユニコーンのスケッチ。かわいらしくて、ダイスキです。
タテガミも、ツノも、とても自分らしく表現してあります。

そんなAちゃんとの、ある日の会話。

♡Aちゃん、クマラ かくね。

クマラ?

うん、クマラと。ドアのクマラ。
わかる? ク・マ・ラ!


Aちゃんが、言おうとしているのは、クルマと車のドア。

こんな時、大人たちが 当たり前に使っている【言葉】というものを 
子供達は覚えている最中なんだなぁと実感します。
それが、いつか、クルマとあっさりと言えるようになったら、ひとつの成長の証でもあるけれど・・・
子供達って、あっという間に成長してしまうから、今は、ちょっとだけ、まだそのままでいてほしい気持ちも感じながら、毎日、子供達のかわいらしい言葉の世界を楽しんでいます。

サキ


11:30  |  Saki/サキのひとりごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |