2017-03- / 02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04-

2017.03.30 (Thu)

Decopatchpapier aussuchen :)

子供アトリエ イースター休暇コース


1703osterhasebs.jpg

うさぎさんの工作に、早速のお申込を下さった方々には、ありがとうございます。

お待たせしました、デコパージュ用のペーパーの柄が決まりました。

どの柄を選んでも、個性あふれる&かわいいうさぎさんに出来上がるように厳選しました。
また、参加子供アーティストで、子供アトリエへの参加歴のあるお子様がいる場合は、それぞれの好みも
重視して選んであります。


動物シリーズ
1703osternpapier.jpg
A. ゼブラ柄 3点
B. クジャク柄(オレンジ茶系)1点
C. キリン柄(オレンジ系)2点→KKくん
D. キリン柄(うすい茶系)1点
E. ウサギ柄(グレー)2点→ KSくん

   

ネイチャーシリーズ
1703osternpapier2.jpg
F. 葉っぱ柄(ブルーグリーン系)1点 → RYくん
G. かすり柄(黄色)1点→ SSちゃん
H. かすり柄(グリーン)1点
I. アジアン調(暖色系)1点



幾何学模様シリーズ
1703osternpapier3.jpg
J. モヨウ(赤オレンジ系)1点 →MTちゃん
K. モヨウ(紫+白)1点 → CKちゃん
L. ハート柄(ブルーグリーン系)2点 → SFちゃん RSちゃん
M. チョウチョ柄(ピンク系)2点 →AYちゃんAFちゃん
N. モヨウ(ブルーピンク系)1点 →AWちゃん


希望のデコペーパーを お子様と選んで頂き、各柄のアルファベットを添えて、メールにてお知らせ下さい。
受信したメール順にて、振り分けていきます。参加予定の人数よりも多く、種類はそろえてありますが・・・、
念のため、『これの次には、どれかいい?』とお子様に訊いて、第2希望も、ご連絡頂けますと助かります。
無事に、みんなの好みが見つかりますように!

よろしくお願い致します。
当日を 私も楽しみにしております。

ミュンヘン・子供アトリエ
サキ
10:19  |  Ferienkurse/休暇コース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

ferienkurs "osterhase basteln" 2017

休暇コース
🐇 "イースターうさぎの工作" 🐇

今年のイースターは、4月だし、まだ寒いしと、お庭にイースターエッグを飾るのは、まだ先かなぁと先延ばしにしていたら、
なんと、花が咲き始めてしまいました。つぼみのうちでないと、タマゴが飾りづらい始末・・・。(-_-;)

『今年は、木の下にまだうさぎさんがいないねぇ!』と気づいてくれた子供アーティストもいて・・・その通りです。
アトリエには、まだ🐇来ていないようです。 晴れ間を見つけて、飾りますね!

うさぎさんがみんなの所に来る頃は、暖かな陽気が来ますように。


普段、子供アトリエに参加していないお子様も、子供アーティストのご兄弟も、ご興味がありましたら、どうぞ。
(また、兄弟参加をご希望で、年齢でクラスが分かれる場合は、ご相談下さい。)


🐇 "イースターうさぎの工作" 🐇

昨年の休暇コースでも、子供アトリエで、かわいいうさぎちゃん達が たくさん生まれました。
昨年の様子の リンク ▶クリック

今年も恒例として、イースターウサギを制作したいと思います。今年は、ポーズ違いです!

hase17.png
うさぎちゃんが顔をあげて、うずくまっているポーズ。(高さ約16×17,5×12cm
18cm) を制作します。更に、目やスパンコール、フェルトなどで飾りをつけて完成させます。


開催日 4月13日(木)
(各クラス6名まで)
★ちびっ子アーティスト親子クラス 14:00-15:00 (2-5歳) ▶締め切らせて頂きます(10.04.2017現在)
※お母様のサポートが必要な親子での参加コース。


★子供アーティストクラス 15:20-16:20 (4歳以上小学3年生まで) ▶定員に達しました。ありがとうございます。(27.3.2017)
※よぉっし、自分でやるぞ!という子供アーティストに。


🐰兄弟参加がしやすいように、ちびっ子アーティスト親子クラスの参加対象年齢、変更しました。
4歳まででなく5歳までになります。🐰

開催場所
アトリエHeimenanplatz
Kazmairstr. 58, 80339 München "BILDZONE"

コース参加費 20Euro
(施設使用料+画材費12Euro込み)
※現在、通常コースに参加している子供アーティストは、参加費 19Euroです。
今回も、材料費がいつもより掛かってしまい、昨年と同様になります。どうか、ご了承下さい。


出来上がった作品は、当日に持ち帰れます。紙袋など、持ち帰り用の袋をご用意下さい。

※ベースとなるウサギさん本体は、この時期、人気で品薄となる材料の為、3月中から買いつけています。
開催3日前からのキャンセルにつきましては、画材費のみ頂きますので、どうぞご了承下さい。

※ウサギさん本体の柄となる繊細な模様のデコペーパー(フランス製)は、現在、入荷手配中です。
決まりましたら、参加予定の皆様に、柄リストを写真付きでメール致します。
人数よりも多めに用意しますが、数に限りがあります。同じ柄に希望多数の場合は、ご連絡頂いた順とさせて頂きます。

お申し込み時に、●お子様の名前、●年齢、●希望クラスを添えて、メールにて、ご連絡下さい。

折り返し、参加確認メールを (+後日、柄のリストが決まり次第、追加のメール)お送り致します。
よろしくお願い致します。

サキ

ミュンヘン・子供アトリエ☆日本語アートコース

22:01  |  Ferienkurse/休暇コース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.22 (Wed)

eines meiner Liebrings...

『日常のキラキラ』    (サキのひとりごと)

子供アーティスト達との毎日は、
私にとって、
元気を与えてくれる存在です。

お家の中や、幼稚園とは違う アートの教室(アトリエと呼びます)という空間で、
子供達は、大人よりも遥かに豊かな想像力を さらに働かせて、
何かを創りだしていきます。

大人が思うよりも、子供達は、イロイロなことが出来ます。
また、コースの時間には、イロイロなお話をしてくれます。
幼稚園であったこと。うれしかったこと。楽しみにしていること。

生まれてから小さな子供達が、
ようやく、お話が出来るようになってから.....を境に、
子供達の創りだす言葉の世界も、
表現の世界も、シアワセな魔法がつまっていると感じています。

自分自身の子供達が話し始めるようになって、
たくさんの子供達とも触れ合うようになって、
遊んだり、制作する時には、
子供達のファンタジーは広がり、それに併せて、
とても、かわいらしいエピソードは、
玉髄のように積み重なっていくのだと
実感しています。

大人になったら、
その存在は当たり前で、
気にもとめないもの。

それは、真っ白でツルツルな石だったり、
キレイに咲いた小さな雑草だったり、
高い高い木から落ちてきた松ぼっくりだったり、
新しく買ってもらったヘアゴムや、
ビックリたまごから出てきたおまけだったり、
お気に入りのキャラクターのついた歯ブラシ、などなど。

子供達の世界は、本当に『キラキラするもの』で溢れています。


blogimg.jpg

アトリエで、制作によく使うラインストーン(Glitzerstein)なんて、
子供達にとっては、まるで宝石です。笑。
小さな手が、指が、たくさんの色や形をしたラインストーンの中から、
お気に入りを拾い出していきます。
その集中力は、すごいことです。

あ、たくさんの貝殻の詰まったボックスも、みんながダイスキです。

だから、

アトリエには、

キラキラするものや、
カラフルなもの、
フワフワするもの、
なんだか、わくわくしちゃうものが、たくさんあります。笑。

でも、アトリエで、
一番キラキラと輝いてるのは、
楽しく制作に集中している

『子供アーティスト達の瞳』

だと 思うのデス。

サキ
12:17  |  Saki/サキのひとりごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.03 (Fri)

fantasy Drachen basteln

パワーあふれる小学生アーティストクラス B の

『ドラゴン完成品』

を載せておきます。

とても、とても、よく出来ました!

じゃん。
20170315dsb05.jpg

20170315dsb06.jpg
▲この縦長の瞳が、爬虫類感でていて、最強デス。
ニスを塗ったら、更に光沢がでて、迫力があるよね!


じゃん、じゃん。
20170315dsb03.jpg

20170315dsb04.jpg
▲ドラゴンの背中にある ヒレみたいなやつ!と言いながら作っていたけれど、
ゴツゴツした感じ、ちゃんと出せてるよ。


じゃん、じゃん、じゃん。
20170315dsb01.jpg

20170315dsb02.jpg
▲飛ぶ為のチカラ強い翼を "ひゃあ、難しいよぅ!"と言いながらも、頑張って作ったねぇ。
しっかりと固定しておかないと乾燥してからあっさりと外れてしまったりするので、結構、難しいのです。


このクラス、イニシャルで表示しようにも、
ビックリな偶然なことに、全員が同じイニシャルで始まるので…
誰の作品かは、家族のみぞ知るということに。

よぉく、頑張りました!



ミュンヘン・子供アトリエ
日本語アートコース
12:45  |  Kursbericht Jap./コース日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.02 (Thu)

kräftiger eindruck

☆小学生アーティストクラスのパワフル度☆


今年から、
新しく増えた小学生アーティストクラスB は、か〜な〜り"パワフル"です。
201702sb02 (2)

みんな、やる気があって制作の手も動くけど、おクチもか〜な〜り、よく動きます。笑。

"センセイ、きょうは、なにするのぉ?"

『今日は、絵具の使い方のトレーニングしようかなと思って…。』

と言ったら…

"そんなん、もう知ってるもぉぉぉん!" と即答。

なぬっ?

"今日も学校でも、絵具使ったぁ。つまんなぁい!"

およっ?

そう。このクラスは、まず、ここから始まります。汗。

前のめりな参加意識は、とっても、とっても拍手もの。でも、口も達者なメンバー。

でも、いいのです。クチ達者、歓迎!

アートの世界は、自己主張。オリジナリティー。自分らしさ。

【ヒトト オナジジャ、ツマラナイ。】


だから、コースに参加し初めの子供達には、特に、テーマに限らず、とにかく思いつくままに、たくさんお話しをしてもらっています。そこから、拾い出す個性の原石たち。笑。

201702sb03.jpg

"この前のドラゴンに色ぬりたぁい!"
"完成させたぁい!"

よしっ!いいよ。それなら、完成させよう。ちなみに、センセイは、いつも君たちの気分次第で、
課題を変更したりしないからね!(←今後の為に、釘をさす・・・聞いてなケド。笑。)今日は、みんながやる気なら、ドラゴン完成の日にしよう。

(まだ、今日で3回目のコース。厳しさより、基礎練習より、小学生も、まずはアトリエが楽しいと思うことからを大事にしています。)

『じゃ、予定の水彩絵具はドラゴンには色がつかないから、違う絵具を使うことにしよう。さて、なに絵具だ?』

"知ってる。わかるぅ!待って、待って。"
"おれも、わかるぅ!"
"カンタンだよっ。"

"………ク。ク。クがつく?"

ちーん。

…そのまま、誰も答え わからず。笑。

そんなとこが、キミたちは、かわいいんだな。


201702sb02 (1)


(制作中…)


"おれ、いっちばぁぁぁん!
お〜わったぁ!"


『終わって…ないっ!ほら、まだココとココ。塗り残し。』

"あ、ほんとだ!"

(5分後…)

"おっわったぁぁぁぁ!いっちばぁぁぁぁん ♫"

『いや、まだだって… -_-b 』

その会話を繰り返すこと、ひたすら…45分?

あまりに、さっさと片づけちゃおうっと!と言うイキオイなので、そんなにコースは、退屈で早く帰りたいのか?とあえて訊いてみる。そうすると、本人は慌てて、それは違〜う!とのこと。
じゃあ、時間いっぱい、めいっぱい制作してごらんよ。ニンマリ。

(私の方では、もちろん、わかっています。慌てているのでもなく、まだ慣れない場所だし、私のこともまだよく知らないワケですし、当然なのです。制作する集中時間のスイッチの切替えが、まだ備わっていない状態です。だから、こういう場合も、気長に様子をみていきます。ちなみに、遅かれ早かれ、子供達みんな、そうです。

コースでの制作時間を、時計を気にしない子供たちが、体や感覚で覚えるまでには、やはり少しかかります。
年齢に関係なく、私と長くコースをこなしている子供たちは、集中力が、きっかり50分位は出来るようになります。
チビちゃん達にとって、残りの10分は、ウォーミングアップと 手を洗ったり、お片づけの時間。または、イベント時期にはお楽しみタイム。)

慣れていないうちは、コース中に、早く早く終わらせようとしたり、早さを競う子もいます。
でも…、いつも言うのは、

『センセイのとこでは、誰が一番最初に終わるか? 誰が一番じょうずか?は、関係ないんだよ。』


そんな・・・
ふっ。ちょっとイイコト言っちゃったかもな・・・系な言葉(?)に、

このクラスの 彼らのもっとも得意なリアクションは、これ。(わかってます。予想していました。)



"えー、それ、この間も言ったぢゃあん!!"
"もゔ、きいたぁぁぁぁぁ!"

それでも、センセイは言いつづけるもんね。負けないぞっ!

『早さより、上手さより、誰が 一生懸命に 頑張ったかの方が、大事。』

おーーーい、聞いてっかぁぁぁぁ?

しばらくして…

"ねー、ねー、センセイって怒る?"
"怒らないよねぇ?"

怒る時、あるよ。

"マジ?" Σ(゚д゚lll)

『それは、本当にやったら出来るコがちゃんとしない時。
何かがむずかしくって出来ないコには、手伝ってあげるよ。
だけど、本当はやったら、ちゃんと出来るのに、一生懸命しない時に怒る…かもよ?』


"それ、知ってるよ。この前も言ってたじゃあん?"

『そうだよ、言ったよ。けど、みんなが聞いてないから、何回も言わないといけないんだよねぇ。大事なことだから、ほんっとに、何回でも言うからね〜。』

と、散々くりかえされた 会話の後に、ちらりと絵具の手を洗いに行ったら…三人が、絵具を塗りながら、会話しています。

"どうする?センセイ、泣いてんじゃない?"

ふっ…。(笑)
泣くワケないだろぅぅぅ。笑。
こんなんで、泣いてたら、キミたちのセンセイなんか出来ないってば…。


"じゃあさ、センセイ、ドイツの子供にも教えてた?"

『教えてるよ、たくさん。』

"じゃあさ、何人?多くて、85人とか? "
                           (↑どこから来たんだ、この数字…?)

『166にん。』

"ひゃあ。マジでぇぇぇ。うひゃあ。"

(ちなみに、これはドイツ小学校での授業にて、一週間分に こなした最多人数キロクなのですが…。ホントの数字。)


・・・って、感じに あ〜言えばこ〜言うリアクションの 容赦ない会話が、繰り広げられてる 月いちの水曜日。

このメンバーの個性も、得意分野も、クラスでのポジションも少しずつ、見えてきました。

よしよしっ、面白くなってきた…。
次回は、ようやく 4回目。

よっしゃ、次回も、みんなのパワーに負けないぞぅ。
センセイより♡

14:56  |  Kursbericht Jap./コース日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |