2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2017.05.25 (Thu)

skizzen kurs

デッサン&デザインクラスとは別に,
この5月から、デッサンを習う Nちゃん(8歳)が、アトリエに子供アーティストてして加わりました。

まだ小学3年生になったばかりで、"デッサンが習いたい"とは、なかなか興味深いと思えば...
やはり、おばあちゃまがアーティストなのだそうです。
小さな頃から、アトリエの匂いを感じて、育ったのでしょうね。

でも、デッサンを習うのは、初めてだそう。ちょっと緊張ぎみにも、なるよね。

"最初は、センセイがたくさん、お手伝いするかも知れないけど、
ちょっとずつ、自分で描けるようになるからね!
上手に描けない日もあって、そこで、あきらめないで、
次はまた描ける日が来ると思って。" と伝えました。

アートは、自分自身で作品を作る時に、全くのらない日というのが時にあります。
それでも、あきらめないで、次は描けると思って続けること、大事です。

最初は、モチーフひとつ。
柔らかい素材から。

20170331_sdn1.jpg
▲最初の一歩。
よく描けたでしょう?

なんか、思ったより描けてビックリした。と本人。

大まかな形のラインの取り方などは、手を添えながら、教えていきます。
まずは、自信につながることが大事です。
(一枚目は、体験コース。)


2枚目も、果物がモチーフ。
そして、今日から本格的に子供アトリエのメンバーに。
今日からは、Nちゃん専用のデッサン鉛筆たちに、練り消し。デッサンスケール。と道具を一式、用意しました。
気も引き締まるね、なにかが始まる感じ。:-) ドキドキだね。


20170530_sdn2.jpg
▲りんご

まずは、8本の鉛筆を使い慣れてもらいます。そして段々、種類を増やしていきます。
体験コースの時に、アトリエで8B という濃さがあることを知った後に、
"日本のキッザニアに行ったら、鉛筆工場で10B があったよ!"と教えてくれました。

そうそう、後日に聞いた もうひとつのエピソード。
最初に描いた梨のデッサンは、うれしくて学校の先生にみせたら、先生は職員室に持っていって、
他の先生にも見せてまわってくれたそうです。よかったね。


ほめられたら、うれしいね。
次の描く原動力になるね。


これから、我がアトリエのデッサンガールズ(6+5+3年生)の進歩が楽しみです。
15:28  |  Kursbericht Jap./コース日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.24 (Wed)

Vatertag geschenke 2017

2017518_gjkm.jpg
▲ちびっ子アーティスト親子クラスの作品

2017.05.18 + 23

Lieber Papa,
ich hab dich sehr Lieb!

ダイスキなパパへ
いつも、ありがとう。


日本は6月だけれど・・・ドイツでは、母の日のすぐ後に、5月のうちに父の日がやってきます。
だから、ママとナイショで準備しよう。ダイスキなパパへのプレゼント。

無限に広がる可能性を持つ子供達から、

パパには、無限の宇宙をギュギュッとジャムの瓶に詰め込んで、
プレゼントしよう!


今年も、子供アトリエでは、宇宙味のジャムを制作しました。

ちびっ子アーティスト親子クラス

20170518_kmgjmi.jpg

20170518_kmgjay.jpg

20170518_kmgjmo.jpg

20170518_kmgj.jpg
▲全員、集合だぞぉぉぉ。みんな、目線バラバラだけど、いいのです。笑。

幼稚園アーティストクラスA

20170523_kaak.jpg
▲とっても楽しそうな2人。材料の綿を顔につけて、おひげごっこ。きゃはははは。

20170523_kagjkt.jpg
▲作品を撮るときに、絵具だらけのテーブルや壁では見えないので、こんな風にします。
で、びよぉぉぉぉぉん♪と顔を出すのは、だぁれだ?

幼稚園アーティストクラスB
20170523_kbgjak.jpg
▲今日は、ママがいなくても、ダイジョウブ。大きくなったね。Aちゃんは、ずっとお姉ちゃんのコースについてきてくれて、
少しずつアトリエデビューをしました。もう、りっぱな子供アーティストです。

20170523_kbsra.jpg

20170518_vtk.jpg
▲メッセージカードには、ネクタイをつけよう。
時間的にジャム制作で、いっぱいになってしまう子供たちに、事前に準備。私の仕事スペース。
たくさんのフェルトから、いろいろな配色で、ひたすらチョキチョキ。ペタペタ。
集中できる こんな時間、結構スキです。笑。

いつものパパへの感謝の気持ち、ダイスキな気持ち、
伝わったかな?


11:22  |  Kursbericht Jap./コース日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.17 (Wed)

skizzen lernen :-)

はじめての木炭でっさん。
2017.05.16

20170516_kbrk.jpg
▲お顔は、隠れてるけど、ゴキゲンな様子伝わるでしょう?Rちゃん。

20170516_kaak.jpg
▲てへ。

この日は、みんな『初めての木炭デッサン』と題して、スイカを描いてみました。
デッサンと言うには、きっと まだまだ遠い道のり・・・ですが、笑。
まずは、デッサンとは何とやら?の入り口位には。

初めての木炭に、みんな、とてもはしゃいでいました。
また、木炭で絵を描く時には、食パンを使うこと、大人でもご存じない方が多いと思います。
子供達、どんどん吸収できる今、プロの画材や使い方などに触れることも、大切にしたいと
思っています。;-)

みんな、こんなに手もまっ黒になっていいの?と ニヤリ。( ̄▽ ̄)
作品は、さておき、みんなの様子をお届けします。

20170516_karm.jpg
▲えへへ。 5月から新しく加わったRちゃん。参加して間もないのに、アトリエですることはビックリだらけ・・・かもね。

20170516_kakt.jpg
▲みてぇ〜!こんなになちゃったよ。

20170516_kbsr.jpg
▲まっくろくろすけ、ランキング1位。集中して制作していたら、こんなことに・・・。

あまりの『まっくろくろすけ』ぶり、お迎えに来たママ達も、ビックリ。
(一応、お迎えの前に、顔などは濡れたタオルでふいたのですが・・・それでも。笑。)

昨日は、『すいか』と『自由お絵描き』の2枚を描きました。

こんなに、楽しんでくれるなら、またやろうね。

10:44  |  Kursbericht Jap./コース日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.12 (Fri)

Mama ist die Beste! ;-)

Mama ist die Beste! ;-)
(↑ドイツ語 ♡ ママは最高!)

mtkartema17.jpg

2017.05.11

母の日の工作。
それに添えるママへのカード。

"ママのために描いてねぇ!"と言ったら、

Mちゃんは、まず 『す』 と書いた。

す?す•き?かな.... 『す』のつぎは...? 『い』 なぜ?

満足そうに書き終えたMちゃんのカードには、こう書いてありました。


『す』

『い』

『か』


 な、なぜ・・・、しかし、なんだか、かわいずぎる。

横で見ていたMちゃんママも、思わず笑う。

そしたら、向かえに座っていたAちゃんが、もっと大きなスイカの絵を描きはじめた。

みんなで、すいか

"そうだよねぇ!母の日と言ったら、
スイカ🍉に決まってるよねぇ。
カーネーションぢゃなくって、
スイカに決まってる。"

子供アーティスト達の、こんな自由なとこが、スキ💕


09:46  |  Saki/サキのひとりごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.12 (Fri)

Muttertag geschenke 2017

ちびっ子アーティスト親子クラス
Am 11. 05.2017

ようやく、5月らしい晴れ間が顔を出すようになりました。
今日の木曜アトリエ ちびっ子アーティスト親子クラスでは、母の日のプレゼント工作をしました。

小学生クラスや幼稚園クラスでは、ママには当日までナイショ!と制作するのですが…
(ちなみに子供たち、『ナイショ!』って言葉にかなりエキサイトします。
だって、誰よりも自分を知ってるママにもナイショは、子供たちにとってはドキドキですから。 (^_−)−☆ )

ココは、親子クラス。ナイショというワケにはいかないので(笑)、一緒に楽しく制作デス。

今日は、ハサミにクレヨン、スティックのり、木工ボンド、カラフルなマスキングテープ、それに、キラキラやコロコロするものをたくさん。

作業としては、
切る。貼る。描く。選ぶ。配置する。貼る。糸を通す。などなど…

今日の参加ちびっ子アーティストは、5人。
それに、ママさんや小さなベビーちゃん弟+妹、みぃんな併せたら、このアトリエに14人!今日は、ギュウギュウだねぇ。笑

2017mtfrmi.jpg
▲4月からアトリエデビューしてくれた Mちゃん。ゲンキです。たくさんお話してくれます。

2017mtfran.jpg
▲シャイだけど、参加意識の高いAちゃんは、黙々と制作してくれます。

2017mtfrlh.jpg
▲お兄ちゃんデビューした2人。
小さいながらに、"ボクはお兄ちゃん!"って意識しているのか、最近メキメキ成長ぶりを発揮してくれてます。

小さな指で、しっかりつまんでウッドビーズは、つなげて、フレームにつけます。下の方は固定しないので、動かすとカラカラと音をたてて揺れます。

今日の制作するものが、フォトフレームとわかった Aちゃんママが、

"Aちゃん、写真撮らなくっちゃねぇ〜"

と会話してくれていました。

φ( ̄▽ ̄ ) ニヤリ。

フォトフレームを空で、渡すのは、サキ先生的には完成ではないのです。

もちろん、中身も準備致しましたっ!


☆シャキーーーンッ!☆

みんなのアトリエでの、制作に真剣な表情、楽しくって仕方ない表情、みんなで集合〜!とか、厳選してコラージュ。

2017mtfrhr.jpg

2017mtfrlo.jpg

その一部をご紹介。

20170511_km03.jpg
▲どれ、どれ?みせて、みせて〜!とアタマをくっつけて、見せあいっこ。
AちゃんとKくんとMちゃん。



小学生アーティストBクラス 『母の日のプレゼント』
2017.05.10

2017530_sb.jpg

※ちなみに小学生アーティストBクラスは、母の日まで、制作したプレゼントはナイショ!でした。
忘れずに、日曜日に渡してくれたかな?
隠しすぎて、忘れて、いつか大掃除や引越し時に見つかる・・・パターンにならない様に、
お母様方には日曜だよ!と合図をお願いしておきました。

初めてのソープストーンに挑戦。
このクラスは、月1回で80分でのコースなので、1回で制作が終わる画材にしています。
1か月後に、また続きの制作なんて、(やっぱり、そこは小学生と言えど子供たちなので、)モチベーション下がってしまいそうだから、です。笑。

うぉぉぉぉぉ、手が痛いぃぃぃぃ。
えぇぇぇぇぇぇ、そっちの色が良かったなぁ。
もう、いぃぃぃぃぃぃぃぃいぃぃぃぃ?


↑これ、このクラスのテンション。元気はいいのですが、とりあえず、みんなのおクチも動きっぱなし。笑。

で、ほらほら、手も動かして!と言うと、

"これでいい、センセイ?てへ。💛" と仔犬みたいな上目遣いをするのは、クラスの最年少。

毎週、顔を揃えるクラスよりもゆっくりとですが、少しずつ、お互いに慣れてきたようで、笑いも増えてきました。
最初の頃は、他のみんなが どんなに上手なのか、自分は出来るかな?と・・・きっとドキドキだったのかも知れません。

このクラス、5月から、新たにHちゃんが加わりました。
更に楽しくなると思います。

6月は、何をしようかな?

ステキな母の日を!
09:45  |  Kursbericht Jap./コース日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.04 (Thu)

geometorische formen

子供アトリエでは、季節などテーマをもとに、画材を選び、課題を決めていますが・・・
年間を通して、なるべく同じ課題が重ならない様にしています。

例えば、水彩絵具に紙・・・が同じだったとしても、描くテーマや技法を変えていきます。

そして、
(ハロウィンのジャックオーランタンや、ファッシング時期のベネチアンマスクなど、
みんながダイスキで、毎年恒例となったいくつかの課題を除いては…、)

1年以上在籍してくれている子供アーティスト達も、1年前の同じ季節に、やったことのある課題とならない様に。笑。

そんな私の アタマの中は、いつも次の課題でいっぱい。
春になると、1ヶ月以上前から 来る日も来る日も、ウサギのことばかり考えて、
11月半ばから、モミの木とクリスマスカラーに染まり、その構想に入ります。

季節ものに欠かせない人気のある画材は、早めに取り寄せておかないと、入手できなくなる場合もあるからです。
(ベネチアンマスクのベース型は、ここ数年は注文することにしていますが、以前は画材店で買っていました。ある時、カゴに大量にマスクを入れた私を、後ろから追いかけてきた女性に、ひとつだけ譲ってもらえませんか?と訊かれたりして。)

だから、そんな風に、1ヶ月以上前からテーマに浸かっていると、
大抵、そのイベント当日になると、悲しいかな、私の中では、すっかりと終えたテーマになっていたりも・・・。(-_-;)
イースターに、ウサギの嵐は、とっくに立ち去った後・・・点在したウサギの足跡だけが見えるような気分に。

誰だったか、『まるで、ウィンドウディスプレイだね。』と言われました。
確かに・・・いつも、そのシーズンのテーマ先取りです。そういえば、聞こえは、カッコイイような。笑。

そんな子供アトリエで、私が開始当初から、また年間を通して、繰り返しにコースで行う課題があります。

これが、ダイスキなRくんは、『よーい、どん!のまる・さんかく・しかく』と呼んでいます。

20170502_msssbr2.jpg
▲Rくんの最新作。(SAクラス╱7歳)

カラフルな まる・さんかく・しかく を色と形を言って、カルタ取りの様に、みんなで戦った後は、それらを使って、その日のテーマに沿って構成して、絵を完成させます。

201752_msska.jpg
ちなみに、以前は裁断したものを売っていたのですが・・・
(カラフルな 〇まる●の形に裁断したセットだけで60Euro位💦ちゃんと▲と■シリーズもありました。)
最近は、どう探しても、取り扱いがなくなったみたいで、自分で裁断しています。そりゃあ、こんなのを大量に必要とする人、
あまりいないですものね。
まるで、メディテーションの様な作業ではありますが。笑。


さてさて、私のつぶやきは、ここまでにしましょう。

その課題を最近した時の作品をランダムにピックアップしました。

20170502_msskay.jpg

20170502_msskash.jpg
▲2つの作品がよく似ているのは、まだ参加して間もないSちゃんが、緊張しながら・・・
このクラスの学級委員的Aちゃんの手順を参考に作成してみた為です。お互いに仲良く、いいとこ取りして、制作してました。

20170502_msskakt.jpg
▲どうやら、彼の流行りは車らしい。
昔、親子クラスに在籍していたKくん。集中できる時間もとても長くなったし、参加意識も高くなったよね。

20170502_msskarm.jpg
▲新しく参加となったRちゃん。最初に、自分を車に乗せて、次にお姉ちゃん。
コースの時間がなくなったけど・・・"車にお姉ちゃんとRだけじゃ危ないよぅ!"と急いで家族を乗せました。確かに、Rちゃんの言う通りだよね。

20170504_msskmmi.jpg
▲最後まで、アトリエに残って、仕上げたのはMちゃん。その意識の高さに拍手。

20170502_msssbr.jpg
▲トップの作品と同様、この課題がダイスキなRくんのもの。細かなところまで、仕上げました。

その前に制作した作品と比べると、みんなの成長ぶりが見えるはずです。
半年後のみんなは、どんなのを作るのでしょう?


22:23  |  Kursbericht Jap./コース日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.03 (Wed)

ein Geldschein design

"Wenn du ein König wärst, wie würde bei dir ein Geldschein aussehen?"
am 24. Jan.2017

"キミが、国の王様だったら…
ぼくの国、わたしの国の紙幣は、どんなデザイン?"
"その1枚の紙幣で、何が買えるの?"



1月に小学生アーティストクラス にだした課題です。
みんな、悩みに悩みました。

モチーフも自由と言われて、ワクワクするより・・・むしろ、考え込んでしまいました。笑。
それでも、それでも、がんばりましたっ。

なかなかのデザインでしょう?
そして、その1枚紙幣で買えるもの・・・の答えもなかなか雄大デス。

240117gs1.jpg
▲178,350 R
季節がつくれるセットが買えます。なかなか風流デス。

240117gs4.jpg
▲90,000,000,000 E
この1枚で、お城が買えます。

240117gs5.jpg
▲10,000,000,000 R
どこでもドアが買えます。日本まで一瞬で・・・。欲しいデス。

240117gs6.jpg
▲6,000 R
気球が買えます。ちょっとリアルに叶えられそうだね。

240117gs3.jpg
▲100,000 E
タケコプターが買えます。
やっぱり、夢を叶えてくれるのはドラえもん登場!だよね。

240117gs2.jpg
▲12,250,000 R
小さいけど、本物の地球が作れるセット、が買えます。
夢は、おっきく。地球は小さめで?! 住めたらいいね、自分だけの地球。

キミ達の夢、どんどん広がれ!
大人の考えた紙幣じゃなくって、子供の自由な夢を詰め込んだ紙幣。
使える国があったら、いいね。

みんなの無限に広がる創造するチカラ、
これからも 



14:01  |  Kursbericht Jap./コース日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |