2018_12
30
(Sun)22:00

Vielen Dank für 2018

Vielen Dank für 2018 und einen guten Rutsch ins neue Jahr!

2018kakekse.jpg

2018年、子供アトリエにおつきあい下さり、ありがとうございました。
皆様、どうぞ素敵な年末年始をお迎えください。🎍


KAクラス☆Aくん、Eくん、Rちゃん、Sちゃん、Nくん。
KBクラス☆Sちゃん、Uちゃん、Mちゃん、Dくん、Yちゃん。
SAクラス☆Rくん、Eちゃん、Hちゃん、Kちゃん。
SDクラス☆Sちゃん、Mちゃん。
SBクラス☆KNくん、ANちゃん、AWちゃん、Sちゃん、Kくん、Hちゃん、Mちゃん、Rちゃん。
KMクラス☆Lくん、Hくん、Aちゃん、KHくん、RIちゃん、REちゃん、Jちゃん、KFくん、RTちゃん、RMちゃん。
FSクラス☆Nちゃん、Mちゃん。
(それぞれの在籍クラスごと)

それから、夏休みや休暇コースに単発で参加してくれた子供アーティスト達も含めると、今年も、本当に多くの子供たちと制作することが出来ました!
たくさんの可愛らしい笑顔に囲まれ、楽しみつつ、真剣に作品を制作する機会に恵まれ、いつも感謝致しております。

日本へのご帰国やお引越で、アトリエを卒業されてからも、お子様の写真や作品、メッセージを下さるお母様方、いつも嬉しく拝見しております。
☆みんなで集合したよ~!と Rちゃん姉妹、Sちゃん、Mちゃん、Nくんの東京での集合写真、すごく嬉しかったです!
☆以前 アトリエにいらしたナオ先生の元で、日本で引き続き、デッサン指導を受けている Hちゃん。がんばって下さいね。

2018年も、子供アトリエと おつきあい下さり、皆様、本当にありがとうございました。

子供アーティスト達との制作は、雰囲気は楽しい遊びの様でいて、根底にあるのは、芸術的指導であり、
そして"自分にしか出来ないこと" 、つまりは、日々の中での"誰にも負けない自己を表現する自信"のひとつへと
つながっていってほしいなと思いながら、日々のコースに挑んでいます。

なぁんて言う・・・日々の難しいコンセプトは、さておき・・・(笑)

プロとして子供アーティスト達に指導するのが仕事ではありますが、私自身も、とても楽しく、でも毎回 真剣勝負!にて、みんなとの時間を共に過ごさせて頂いております。
子供達から生まれる言葉の世界、無限の空想の世界に触れられること、毎日、当たり前に追われて大人が気づかなくなっている何気ないこと、大切なことを気づかされます。
また、その子ごとの「大切なこと」に気づいてあげられるように、私も、めいっぱいアンテナを張る様に心がけています。

学校や幼稚園で、ムズカシイことがあっても、自分には「これ」があるから、誰にも負けない!という自信へのきっかけにもなる様に。そんな存在のこどもアトリエでいたいです。


ラストに・・・✨

☆4回目の開催、アトリエの定番行事となった「こども展覧会」 準備に慣れては来たものの、展示方法など自分へのハードルも上がる為、毎回、なんだか全力疾走に… (・_・;
でも、今年もたくさんの方々にお越し頂き、「すごいね!」とたくさん褒めてもらった子供アーティスト達の誇らしげな顔を見て、また来年への決意も新たに頑張ろうと思います!

2018年も、子供アーティスト達と ご家族の皆様の たくさんのご配慮に感謝しながら、いつも笑顔の可愛い キミ達と カラフルな制作の1年を過ごせましたこと、ココロからうれしく思っております。ありがとうございました。
アトリエを卒業しても、その子ごとの作品や制作時の語録、まとめた映像達よりも鮮明に、たくさん記憶に残っています。💕

それでは、皆様、どうぞステキな 年末年始をお過ごし下さい。

2019年も、子供アーティスト達が健康でスクスクと笑顔いっぱいに、増々クリエイティブな子供達に成長してくれます様に。
来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

サキ


***********************************
ミュンヘン・子供アトリエ☆日本語アートコース
Saki's KINDER KUNST AG
***********************************

2018_12
07
(Fri)10:13

Nikolausabend mit Kindern feiern

061218NK.jpg
Dieses Jahre auch bei uns zu Hause der Nikolaus ist gekommen!

今年も、我が家に 聖ニコラウスがやって来た!

(ドイツでは、12月6日に聖ニコラウス🎅が、12月24日は天からのお使いクリストキンド👼が やって来ます。)

今年は、私が展覧会を終えてから風邪をこじらせ...準備期間も少なくて、
昨年のような大人数ではなく、(昨年は、子供15人+大人9人💦今、思えば よくリビングに入ったな…と。)
内々...のホントに 小さなグループで行いました。子供6人+大人4人。

"ねー、ねー、ニコラウス いつくるのー?"

なんて、にこやかに訊いていたけど、リビングに入ってきたら 大迫力に みんな一瞬かたまるっ。笑)

ニコラウスの持つ金色の本には、みんなのことが書いてあります。
どうして、そんなこと知っているのー?と言う内容までね。😉

よくできることは...
☆いつも学校のこと、がんばっているね。
☆お友達と積極的に仲良くして大切にしているね。
☆動物にやさしくできているね。 などなど、それぞれ、たくさん誉めてもらいました。

そして...頑張らなくちゃいけないこと。
ちょっと耳は痛いが🙉(笑) 、大切なこと。

"空から見ているよ。来年までに、がんばれるかな?"
🙆はーい。
🙋Ja... みんな、元気に お返事。

その後は、ゆっくり みんなで持ち寄りゴハン。
おいなりさんに、コロッケ。パスタボロネーゼ。抹茶クリスマスクッキー。濃厚なビターチョコのクッキーも。美味美味。

楽しかったね。😊💕 また来年!

聖ニコラウスの日から、数えて...クリスマスまで、あと18日🎄🎁

(壁のプレートは、カウントダウン☆カレンダーなのです。) 今日から、あと17日。

2018_12
05
(Wed)09:17

Den ersten Schritt machen

IG_201812050.jpg
First drawing / 14 years old.

はじめの一歩。

どんなに大きくなっても、《はじめの一歩》は、いつだって、大切。
チャレンジする勇気が、必要。


私が、今の子供アトリエとして、本格始動する前に、長男がまだ幼稚園だった頃、プレイグループのママ友たちのリクエストから始めた 工作メインの(不定期開催)コースがありました。
その時に参加してくれていた 小さなMちゃんは、緑色の絵具がダイスキな集中力のある女の子でした。

その彼女が、14歳になり、絵は自分なりに好きで描いてきたけれど、きちんとデッサンを習いたい!と
私のアトリエに戻ってきてくれました。

IG_201812054.jpg
▲これが、初めてのデッサンの手元。さすが、昔から発揮していた描くことが好き!の集中力。しっくりと描き込み、2時間は、あっという間だったそうです。

☆  ☆  ☆

我が家の長男(15歳)と Mちゃん(14歳)、他にもLくん兄弟 やM.I.ちゃん(16歳)、
第一期生こどもアーティストとも呼ぶべき、私の愛しいメンバーは、
今や高1と中学3年生になり、それぞれの方向性も考える年齢になってきました。
長男と毎日のように遊んだM.I.ちゃん(現役JK)は、現在、日本に住んでいますが、芸大美大への道を考えてるらしいと、
つい先日、M.I.ちゃんママから連絡が来ました。

"M.I.、小さい時から絵を描くのは好きだったけど 今まで部活などアート系ではなかったのに、ミュンヘンの思い出が残っているのかな?笑)
来週からデッサン習い始めるよ。"
とのこと。

私は、昔から 彼女のことを ムスメ。と呼んでいて、M.I.ちゃんのママは、
"ドイツのママのセンス、少しでも受け継いでてくれたら、良いのだけど"
だって。
そうね、あの時に教えたこと、記憶にはなくても 感覚のどこかに根付いているといいなぁ。
(あ、ちなみに M.I.ちゃんママも、うちの長男を ドイツのむすこ。 と呼びます。)

☆  ☆  ☆

さて、話は 私の アトリエで心がけていること。

子供に限らず、ひとは『自分の得意なこと、誰にも負けないこと』を持つって、ひとつの自信につながっていくと思うのです。

そして、
私のアトリエに通ってくれている子供達が、例え アートに関係ない未来を選んだとしても、
アトリエで培った想像力と何かを作りだす集中力は、一生もの。 
ちなみに、創造力とは・・・自分なりの答えの導き方だと思うのです。

今のちびっ子幼稚園アーティスト達の中にも、アトリエの記憶と共に、何かを創りだすことに興味を抱き続けて、その道にチャレンジするコもいるかも知れないと思うと、温かい気持ちになるのと同時に、大事な役目だなとココロに響き、気が引き締まります。

サキ