croquis

20150610_lily.jpg

小学生デッサンクラスは、初めてのクロッキーに挑戦。

※クロッキー(仏: croquis) とは速写(速写画)と言って、
対象を素早く描画すること、またはそうして描かれた絵そのものを指します。


時間をかけて、じっくりと描きあげてゆく 通常のデッサンとは、少し違います。
短い時間で、人物や物などを描きます。短時間なだけに、余計なモノ(細かい描写や装飾)を 追わないで、
一番大切な本質を抽出する作業のことです。
ついつい気になってしまう細かいものを描くのではなく、全体を見るチカラ。
大まかな形を見つけ出すトレーニングでも、あります。

アトリエに入ってくるなり、今日のモチーフ…

透明な花瓶に入った たくさんの百合。

を、みつけて 一瞬、固まったSちゃん。 の表情をセンセイは見逃しませんでした。笑)

そりゃあ、ビックリします。大人でも、きっと。

まだ描いたことのない、固いガラス?
透明な水?
たくさんの花?

大丈夫。大丈夫。
今日のも、絶対に描けるようになるから。
と 私は言います。

まずは、クロッキーとは、一体なんなのかを 二人に説明しました。
20150610_lilysn.jpg

今日のは、各自にクロッキー帳と 一段と太い大きな鉛筆1本です。
細かい線を描けないように、太い太い線で。

20150610_lilym.jpg

戸惑いながら・・・の最初の1枚め。

20150610_lilynl.jpg
▲上がSちゃん。下がMちゃん。

何枚も、何枚も描いてみて、
20150610_lilysm.jpg



・・・そして、1時間後。



どうです?
それぞれの自信作。
20150610_lilyia.jpg
▲Mちゃん画。

20150610_lilysn2.jpg
▲Sちゃん画。

ね、だから 言ったでしょう?描けるようになるって。

大人も顔負けのクロッキー。

描くことが好きな子供達には、年齢に関係なく どんどん技法を教えていきます。

大切なのは、自分は描けるんだっていう自信をもつこと。
描けた時の うれしい気持ち。

アトリエの子供アーティスト達、感性の宝箱デス。

サキ

Comment

Post Comment

Privates Kommentar

Latest posts