Saki´s Kinder Kunst AG

ミュンヘン☆子供アトリエ☆日本語アートコース

Entries

Sommer-Workshop 2015 -Bericht 2-

いつものアートコースとは、少し趣向をかえた夏休みワークショップ。

sws15_3g.jpg

夏休みワークショップ☆第3日目
☆大きなお絵かき第一弾! クレヨン!クレヨン!!クレヨン!!!☆
8月6日木 (2歳-幼稚園児)



このテーマは、私自身が以前から、実現してみたかった企画ふたつのうち、ひとつ。
(もうひとつは、このブログを書いている次の日である8月20日開催のフィンガーカラー編。)

いつか、夏が来て、ふさわしい場所があったら、たくさんの子供達とチャレンジしてみたかったものです。


まずは、この企画に、たどりついた道。

大人になって、まっさらな紙とペンを渡されて、何か描いて下さいと言われたら、大抵の大人の方は、こう言います。
絵は、苦手です。

いつから、苦手と思ってしまったのでしょう?きっと、学校の授業で評価を与えられるようになった頃からでは、ありませんか?

どうか、苦手意識を持たないでください。絵を描く技術は学べます。いつから、でも。大人になっても。今!からでも。

だけど、子供の時に思ってしまった【描くのは苦手】感に、打勝つものって、なんだと思いますか?

【絵を描くのはスキ。描くのは、楽しい。】っていう気持ち。・・・と、私は思うのです。

アトリエの子供アーティスト達は、描くこと、創りだすことに、苦手な気持ちなんて、誰も持っていません。

時に、描きたいものが、思うように描けなくて、くやし涙を流すちびっ子もいます。
クレヨン握りしめて、ぽろぽろ流れる大粒の涙が、とてもいじらしくなりました。
でも、泣きたい時があったっていいのです。描きたいっていう気持ち、チャレンジする気持ちが、生んだ涙だからです。
そんな時は、クレヨンを持つ手に手を添えてあげて、思い描く線を引ける様にお手伝いをしています。
そして、描けた時は、どの子も最高の笑顔をしています。

これから、更に大きくなっても、アトリエの子供達には、この【描けた時のうれしい気持ち】を忘れないでいてほしいと思います。
また、楽しく描いた時の時間を覚えていてほしいと思います。記憶のほんの片隅で、よいので。

いつか、学校で評価をもらう日が来たら、自分は描けるんだっていう気持ちでチャレンジしてほしいのです。


だから、画材を使って、記憶に残りそうな、とにかく楽しいことを企画してみたい。
なんだろう?普段、出来そうにないこと。

落書きって楽しい!

ダメと言われたら、ますますしてみたくなる…のが、こどもゴコロ。


私も、道路とか、コンクリートの上には、たくさん描いてきました。休み時間の学校の黒板にも。笑)
あ、ノートの隅にも…。 
学校から持ち帰るプリントに落書きしちゃっている長男を見ると、コッソリ…仕方ないかなぁと思います。

それは、さておき…
お部屋の中で、白いスペースいっぱいに描いちゃえ!と言われたこと、ありますか?

私は、ないです。

そんな いたずらゴコロに響くようなこと、してみたい。

で、ようやく、今年、実現しました。うれしいです。

sws15_3a.jpg
▲嵐の前の静けさ…

sws15_3b.jpg
▲まだ、全員集合してなかったケド…本日の参加子供アーティスト達。

本日は、総勢11名。

sws15_3c.jpg
最初に、描いて見せたのは、お魚。
(ちなみに、お魚を描いたのは、この日がとてもとても暑い日で…何か涼しいものを想像したかったからかも、知れません。笑)

それから、座っている子供たちの周りを回転しながら、クレヨンが紙の上を走ります。

そこからは、自由の合図。なんでも、描いていいよ〜。

よ〜い、どんっ!


sws15_3o.jpg
▲御免なすって!座っている2人の間にも、クレヨンが走ります。

sws15_3h.jpg
▲お姉ちゃんは、何をしてるのかな?見学の弟くん。(右がお姉ちゃん。)

sws15_3n.jpg

sws15_3k.jpg

兄弟枠まねっこ参加の未来のちびっ子アーティスト達もいます。
sws15_3e.jpg
▲真剣な表情。
sws15_3d.jpg

sws15_3f.jpg
▲最年少参加のSちゃん。

sws15_3i.jpg
▲ナオ先生を囲んで、女子部4人のうしろ姿。カワイイ。

sws15_3j.jpg

sws15_3m.jpg

sws15_3l.jpg


描きつくした紙の上。壁の前。
みんなで、勢揃い…が、できるワケない。笑) だれか、足りないぞ〜。
だって、自由な子供アーティスト達ですもん。

sws15_3p.jpg

クレヨンを握る手は小くても、大きなパワーの笑顔あふれる子供アーティスト達、お疲れ様でした!

私たちも楽しかったです。



ワークショップ報告 その3に続く。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開Kommentare:投稿可能です。

Menu

Profil

Saki

Author:Saki
Kursleiterin: Dipl.-Innenarchitektin
子供アトリエ講師。デザイナー。
デッサン指導、デザイン課題、建築模型も得意です。
息子2人のママ。
多摩美術大学デザイン科立体デザイン専攻ID卒業
2001年よりドイツ・ミュンヘン在住。
Kontakt/コンタクト
E-Mail; saki☆kinderkunstag.de
(☆マークを@に交換してください。)

Neue Beiträge

Neue Kommentare

Neue Trackbacks

Counter

右サイドメニュー