Saki´s Kinder Kunst AG

ミュンヘン☆子供アトリエ☆日本語アートコース

Entries

kreative Hausaufgaben

夏休みの想い出。

アトリエの子供アーティストには、夏休みに センセイから、宿題がでていました。

楽しかった1日を 写真に撮るか、絵を描くこと。
どちらかひとつでいいし、出さなくてもいいです。作品を作るのは、気分がのった時でいいのです。
だって、夏休みなのですから ;-)

折角なので、提出してくれた 子供アーティスト達の作品を この場で発表しておきたいと思います。

写真で提出のアーティストたち。

shg2015ll.jpg
▲動物園での散歩道。
≪なんだか、気にいった道≫の写真。
この作品の とってもいいところ、わかりますか?カメラを構える位置が、まだ小さなLくんの高さなんです。
子供の目線が感じられる ほのぼのする一枚。

shg2015l.jpg
▲Lくんの2作目。
今、ドラゴンや恐竜がダイスキなんだって。トリケラトプスみたいなサイは、確かにかっこいいよね。


Dくんは、夏休み前に センセイと粘土をしたことがあります。その時に、いろいろ作ったケド…ワニも作りました。
ワニの作り方、Dくんは、ちゃぁんと覚えてくれていたんだって!

で、夏休みのイタリアのビーチで、たくさんの砂とワカメと石などを使って、巨大ワニ☆アート。
shg2015d.jpg
▲これは、Dアーティストが制作中を自分で撮影した写真。
ワニの背中のギザギザとか、ママに こうしなくっちゃ!とかお話しながら45分かけて作ったそうです。
粘土が砂に代わっても、アトリエで制作した感覚は、手がちゃんと覚えています。
こういう報告、センセイは とてもうれしいです。


夏休みを日本で過ごしたYちゃん。
初めての打ち上げ花火の音にも、ビックリしたそうです。

shg2015y.jpg
▲ぱぁんと弾けて、ぱぁっと、広がる一瞬を とても上手に撮れました!



絵を描いて、提出してくれたアーティスト。

shg2015s.jpg
▲久しぶりに乗れたLaufrad(ペダルなし自転車)が とてもとても嬉しくて、
乗っている自分とその気持ちを表現してくれたのは、Sちゃん。
嬉しそうに、楽しそうに、飛び回るのが、たくさんの色使いで表現されています。見ていると、
こちらにまで、Sちゃんの気持ち、伝わるでしょう?


shg2015r.jpg
▲フェリーに乗ったよ。とお話してくれたのは、Rくん。
僕は、妹と中にいるんだよ。ここにいるのは、運転するひと。

おおっきな大きな船だったんだねぇ。その大きさが、センセイにも ちゃんと伝わったよ。 ;-)


自分のDSで撮った写真をみせてくれたMちゃん。画像は、載せられなかったけど…お友達のことも
話しながら、たくさん説明してくれてありがとう。先生の目カメラには、ちゃんと記憶してあるからね。


他にも、夏休みの想い出を たくさん話しくれた子供アーティスト達。

この夏に、みんな急成長して、ビックリする位、いろいろな事が出来るようになったね。
また秋からのアトリエで、どんどん制作しようね。

センセイより




*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開Kommentare:投稿可能です。

Menu

Profil

Saki

Author:Saki
Kursleiterin: Dipl.-Innenarchitektin
子供アトリエ講師。デザイナー。
デッサン指導、デザイン課題、建築模型も得意です。
息子2人のママ。
多摩美術大学デザイン科立体デザイン専攻ID卒業
2001年よりドイツ・ミュンヘン在住。
Kontakt/コンタクト
E-Mail; saki☆kinderkunstag.de
(☆マークを@に交換してください。)

Neue Beiträge

Neue Kommentare

Neue Trackbacks

Counter

右サイドメニュー