Masken für Fasching 2016

今年のファッシングは、みんな、何に仮装したのでしょう?

アトリエでは、ファッシング時期には、カーニバルマスクの制作をします。
昨年のアートコースでも、マスクを作ったけれど・・・今年は、ちょっと 技法を替えてみました。

2016 共通テーマは、動物。
シマウマ。ヒョウ。きりん。クジャク。それから、それから・・・

去年は、ママにたくさん手伝ってもらっていた ちびっ子アーティストも、今年は、"自分でできるよ!"と、がんばりました。

どうですか?自信作が、たっくさん!今回は、クラス別とかでなく、一気に、ご報告しますね。

2016fmskkag.jpg
▲ 大人顔負けの作品たちです。
ベネツィアの舞踏会に、参加できそうでしょう?

キリン柄をえらんだのは、Rちゃん、Aちゃん、Rくん、Nくん。キリンは、どうやら今年の一番人気。

2016fmrrg.jpg
▲ 幼稚園クラスBの Rくん(奥)は、カラフルなストローもつけてみました。羽根は、こだわりの真ん中に、ひとつだけ。
手前のは、親子クラスのRくんの作品。目の周りの石が光って、かっこいいでしょう?

2016fmkar.jpg
▲ 作成中のお兄ちゃんRくんの手。

2016fmse1.jpg
▲ シマウマ柄を選んで、さっさと始めたのは、Eくん。なかなか、手早い。今日のお洋服と似合ってるね。

2016fmse2.jpg
▲ 指輪をしてるおしゃまな指先(!)で、慎重に丁寧にベースを作っているのは、Eちゃん。彼女は、2回分のコースで仕上げることにしました。

2016fmsre.jpg
▲ Eちゃんの完成品(奥)と、体験参加に来てくれたRくんの作品。色合いも、ダークでシック。
ゴージャスな感じに仕上がりました。

2016fmse.jpg
▲ Eくんのは、≪ゼブラ・インディアン・マスク≫って、学校の先生に名づけてもらったそうです。

集合写真は、相変わらず・・・バラッバラの木曜・親子クラスのアーティストだったので、一人ずつ。。 笑)

2016fmmn.jpg
▲ 幼稚園生になって、アトリエに復活してくれたNくん。
すっかりとお兄ちゃんな雰囲気に。みんな、おかえりぃ!って感じに、久しぶりに 会えて嬉しかったよ。

2016fmmc.jpg
▲ Cちゃんのは、"ラグジュアリーなマスク" って、ママが呼んでいました。
本当に、クジャクの感じがピッタリ。Cちゃん、これをつけて、地下鉄に乗って帰りました。電車の中の反応、知りたいところです。

2016fmml.jpg
▲ Lくんのマスクは、羽根の具合が、なかなかゴージャス。まるで、ライオンキングの舞台の仮面みたいだねぇ。

そうそう、中には、仮装してアトリエに来てくれたアーティスト達もいました。
中でも、サービス精神旺盛だったのは、Eちゃん。ナオ先生と私をビックリさせようと・・・こんな登場!


2016fmke.jpg

ひゃあーーー。は、はろうぃん?
(このマスクの下は、漆黒の瞳に長いまつげのかわいい子です。)

ビックリさせてくれたのでした。

さて、気をとり直し・・・笑)

2016fmkaho.jpg
▲ 幼稚園クラスAも、負けてません。
Oくんは、ヒョウ柄。色合いも、シックな感じに、見事にキメました。
青いのは、Hちゃん。自分で、飾りも選びに選んで、衣装の人魚姫のドレスにピッタリ!な色合い。
Aちゃんは、仕上げの日にお休みだったので、続きはお家で仕上げてくれました。パーティーにマスクしていってくれたそうです。

2016fmkas.jpg
▲ アトリエに通ってくれて、今のメンバーでは、ベテラン子供アーティストとなってきたSちゃんは、すっかりと手先も器用になり、自分でスパンコールを飾りました。羽根のつけ方も、片方だけ。彼女らしいこだわりです。
そして、何より彼女の作品で、注目すべきは、2色のスパンコールの配置と量の絶妙な色のバランス、これはデザイン性につながる第1歩です。ボリュームのバランスを取るという、さらに高度なデザイン感覚が身についてきました。 拍手!

みんな、みんな、とてもステキな作品が出来ました。拍手!拍手!!

幼稚園やシュピールグルッペに、このマスクをつけていく子達もいます。"自分で作ったの!"って、ドイツ語で何て言ったらいいの?と訊いてくれた子も。大丈夫。きっと"スゴイ!"って驚いてもらえたはずです。

各クラスによっては、ファッシングメイクを施したり、パーティ爆弾を打ち上げたり・・・、また来年も楽しく過ごしたいです。

みんな、まだまだ 楽しいファッシング休暇を!

Viel Spaß ;-)


Comment

Post Comment

Privates Kommentar

Latest posts