geometorische formen

子供アトリエでは、季節などテーマをもとに、画材を選び、課題を決めていますが・・・
年間を通して、なるべく同じ課題が重ならない様にしています。

例えば、水彩絵具に紙・・・が同じだったとしても、描くテーマや技法を変えていきます。

そして、
(ハロウィンのジャックオーランタンや、ファッシング時期のベネチアンマスクなど、
みんながダイスキで、毎年恒例となったいくつかの課題を除いては…、)

1年以上在籍してくれている子供アーティスト達も、1年前の同じ季節に、やったことのある課題とならない様に。笑。

そんな私の アタマの中は、いつも次の課題でいっぱい。
春になると、1ヶ月以上前から 来る日も来る日も、ウサギのことばかり考えて、
11月半ばから、モミの木とクリスマスカラーに染まり、その構想に入ります。

季節ものに欠かせない人気のある画材は、早めに取り寄せておかないと、入手できなくなる場合もあるからです。
(ベネチアンマスクのベース型は、ここ数年は注文することにしていますが、以前は画材店で買っていました。ある時、カゴに大量にマスクを入れた私を、後ろから追いかけてきた女性に、ひとつだけ譲ってもらえませんか?と訊かれたりして。)

だから、そんな風に、1ヶ月以上前からテーマに浸かっていると、
大抵、そのイベント当日になると、悲しいかな、私の中では、すっかりと終えたテーマになっていたりも・・・。(-_-;)
イースターに、ウサギの嵐は、とっくに立ち去った後・・・点在したウサギの足跡だけが見えるような気分に。

誰だったか、『まるで、ウィンドウディスプレイだね。』と言われました。
確かに・・・いつも、そのシーズンのテーマ先取りです。そういえば、聞こえは、カッコイイような。笑。

そんな子供アトリエで、私が開始当初から、また年間を通して、繰り返しにコースで行う課題があります。

これが、ダイスキなRくんは、『よーい、どん!のまる・さんかく・しかく』と呼んでいます。

20170502_msssbr2.jpg
▲Rくんの最新作。(SAクラス╱7歳)

カラフルな まる・さんかく・しかく を色と形を言って、カルタ取りの様に、みんなで戦った後は、それらを使って、その日のテーマに沿って構成して、絵を完成させます。

201752_msska.jpg
ちなみに、以前は裁断したものを売っていたのですが・・・
(カラフルな 〇まる●の形に裁断したセットだけで60Euro位💦ちゃんと▲と■シリーズもありました。)
最近は、どう探しても、取り扱いがなくなったみたいで、自分で裁断しています。そりゃあ、こんなのを大量に必要とする人、
あまりいないですものね。
まるで、メディテーションの様な作業ではありますが。笑。


さてさて、私のつぶやきは、ここまでにしましょう。

その課題を最近した時の作品をランダムにピックアップしました。

20170502_msskay.jpg

20170502_msskash.jpg
▲2つの作品がよく似ているのは、まだ参加して間もないSちゃんが、緊張しながら・・・
このクラスの学級委員的Aちゃんの手順を参考に作成してみた為です。お互いに仲良く、いいとこ取りして、制作してました。

20170502_msskakt.jpg
▲どうやら、彼の流行りは車らしい。
昔、親子クラスに在籍していたKくん。集中できる時間もとても長くなったし、参加意識も高くなったよね。

20170502_msskarm.jpg
▲新しく参加となったRちゃん。最初に、自分を車に乗せて、次にお姉ちゃん。
コースの時間がなくなったけど・・・"車にお姉ちゃんとRだけじゃ危ないよぅ!"と急いで家族を乗せました。確かに、Rちゃんの言う通りだよね。

20170504_msskmmi.jpg
▲最後まで、アトリエに残って、仕上げたのはMちゃん。その意識の高さに拍手。

20170502_msssbr.jpg
▲トップの作品と同様、この課題がダイスキなRくんのもの。細かなところまで、仕上げました。

その前に制作した作品と比べると、みんなの成長ぶりが見えるはずです。
半年後のみんなは、どんなのを作るのでしょう?


Comment

Post Comment

Privates Kommentar

Latest posts