ミュンヘン☆子供アトリエ☆日本語アートコース

★100ste Kunstkurs☆

子供アトリエ☆ニュース
『100回目のアートコース』


りょうすけ(9)、通算100制作、
子供アーティストデビューから3年。


ちょっと、先日の武豊騎手のタイトル(4000勝32年)に似せて見出しにしてみました。笑。
だって、りょうちゃんの頑張り、とても快挙なことです。 ;-)

今日は、皆様に ご報告とさせてくださいね。アトリエのニュース号外って感じで。

まず、わがアトリエでは、制作回数を80回を越えた子供アーティストに アートのお守りを プレゼントしています。
80回に到達するには、約3年かかります。

『アートのお守り』 と先生が名づけたは、馬の蹄鉄。
先生が仲良くしている馬たちが使ったほんもの。鉄なので、がっしりとして重いです。
あ、ちなみに、小学生のみんなは『馬のくつ。』と呼んでいます。:-)
馬の蹄鉄は、ドイツではラッキーアイテム。新品ではなく、実際に馬が一度は使用した使用したものが、本来のお守り。運を呼び込むのだそうです。
だから、馬たちが野を走り回り、使用感たっぷりだったものをキレイにしてから、ひとつずつ、アーティストの好きな色で、ぴかぴかのキラキラ✨になるまで、何度も重ね塗り。

アートのお守りとは名づけても、制作が上手になるだけではなくて・・・
みんなが元気で、自分のことに自信を持って、オリジナリティあふれるコでいてほしいな、という気持ちを込めて、飾りをつけて完成させます。

初代 受賞者が さらちゃん。(赤地にピンクのラメにテントウムシや♡のデザイン)
2代目 受賞者が 今回のりょうすけくん。(青地にゴールドのラメに☆のデザイン)

そして、りょうすけくんは、さらに、さらに、その記録を更新して、

rm100platte.jpg

100回のアート制作記録。

100回 アトリエ制作☆記念には、本人の名前入り☆バイエルン木製プレートを作りました。
バイリッシュ文字で、名前を焼きつけてもらいました。かっこいいでしょう?
いつの日にか、日本に帰った時も、ドイツの想い出のひとつになるといいな、を込めました。
りょうちゃんはギュギュッと両手に抱えて、持ち帰ってくれました。

接戦で、あとを追っている 在籍の長いアーティストは、他にも、まだ続きます。
がんばったら、ご褒美。 これって、子供に限らず、大人でもうれしいことだと思いませんか?

昨日は、クラスのメンバーも、アトリエに着くなり、
「せんせー。今日、りょうちゃん100回だよねー。」と何だかドキドキ。
このクラスのメンバーは、もう1年を超えて、一緒に制作をしているので、自分のことのように、
『今日は一大事だぞ!な気持ち』でいてくれたようです。その仲間意識も、本当に うれしいね。

これは、決して差をつけることではなくて、頑張りをみんなで見守ってもらって、自信につなげていってほしいと思うから、です。
まわりのみんなも、同じように緊張して、その制作の日を一緒に過ごすぞの ドキドキの気持ちでいてくれたこと、とても大切です。
帰りに、他のお母様方にも褒めてもらって、りょうちゃんは、(男の子なので、その反応は静かながらも・・・)
実は、すっごくうれしかったのが、プレートを握る両手の持ち方を見て、先生にはちゃんと伝わってきました。3年も見てきたら、わかりますもの。

子供がなにかを長く続けるってことは、とても大変。送り迎えして下さるお母様方のご協力、お父様方のご理解もあってこそ。
そして、こうして育ち盛りのみんなの成長に ご一緒させてもらうこと。子供アトリエをしていて、うれしいことのひとつです。

みんな、これからも、ますますクリエイティブに制作していこうね。
子供アーティスト達の快進撃は、続きます!

サキ


0 Comments

まだKommentare:はありません

Leave a comment