Welcome to my blog

Feiertag workshop "Kleine Architekten" 2018 Bericht

Saki


『目指せ、未来の建築家』 ワークショップ 2018


20180524_08.jpg◀Eちゃん(3年生)

昨年の夏休みワークショップにて、初めて開催した 未来の建築家コースですが、
うれしいことに大好評だったので、今年も企画してみました。

このコースのお知らせをアトリエのブログに掲載して、翌日すぐに定員の6名に達しました。
アトリエに興味があるのは、手作業の好きな子供達が多く、建物の中を想像しながら模型を作るなんてことは、
更に目をキラキラ✨にする子供達が参加してくれます。
参加意識も、かなり前のめり‼デス。 

今回は、男子3名。女子3名。
うん、なかなか いいバランス。

ただ、ひとつ心配していたのは、女子が仲良しなメンバーだけに おしゃべりが盛り上がりすぎて、手が止まること。笑)
コースが楽しいのは、大歓迎。
だけど、ただでさえ 細かな作業が多く、集中しないと終わらなくなるコースなだけに、一体、どうなる?
席の配置を男女シャッフルしてみる?などなど、なかなか悩んだけれど...

私としては、アトリエでは楽しませてあげたい気持ちが一番。でも制作に集中しないのも、もったいない。
本人達とも話し合い、仲良しの席は、隣どうし。でも、お互いの制作のジャマをしないという約束で。
でも、実際には、そんな心配は全くの無用でした。みんなが、本気で真剣すぎたからです。笑)

20180524_03.jpg
★だいぶ広い作業台だけれど、みんなの材料が広がって、余裕のスペースが全くないっ。

さて、男子3人は、それぞれが違う学校なので、初顔あわせか、チラリとみかけたことがある程度。
それでも、いつの間にか、笑顔。
いいねぇ、この感じ。

20180524_06.jpg
Kくん(右)は、現在アトリエアーティスト。
左のJくんは、在籍アーティストのお兄ちゃん。初参加。

20180524_05.jpg
Kくんは、幼稚園の時にアトリエに通ってくれていて、昨年の建築家ワークショップにも参加してくれたので、慣れたもの。
久しぶりに会う度に大きくなっていくから、その成長を見れる機会も、センセイにはうれしいです。


20180524_10.jpg
★立派な表札がついています。

20180524_11.jpg
★煙突があるのかな?

20180524_09.jpg
★三角屋根も、またいい感じだね。

20180524_07.jpg
真剣な表情のMちゃん。バルサ材をカットしています。
Mちゃんとセンセイの共通の趣味テーマは乗馬。いつも、お互いの乗った馬の特徴やエピソードを話します。

20180524_12.jpg
★ジャングルみたいな 外から梯子を登ってから、入るウチらしい。
セキュリティもいい感じ。ターザンの家みたいだね。

20180524_01.jpg

20180524_02.jpg
フルパワーでプランして、最速で制作したけど、次から次に やりたいことが溢れすぎて、時間ぎりぎりになっちゃうのは、いつものパターン。
「待って!待って!もうちょっと!!」って最後まで、真剣な表情のキミ達が、可愛くて仕方ない。💕

20180524_04.jpg
★スキなこと、楽しいことをしている時のみんなの顔は、キラキラしています。

模型作りは、私も 小さな時から興味がありました。
私の母は、(職種は違えど)図面を描く仕事をしていたので、製図道具が自宅にあり、ペンなどをこっそりと使ってみたり…💦
立体の法則を学ぶ本が面白くて、本棚から取り出し、読んでいました。

そして、その数年先に、その世界での仕事を目指すようになったので、
アトリエでも、子供のうちにそんな職種があることを知ってみる機会になるといいなと思い、このコースを企画しています。

実際に、デザイナーとして仕事で制作していた時は、作るのは模型だけではなく、実際の空間。
仕上げるまでには、とても長い期間がかかり、
締切り。クオリティ。素材感。コスト計算。などなど…のストレスは多々あったけれど…
でも、いまだに ミニチュアでも建物や家具を作る興味は、やっぱり変わらないものだなとつくづく感じます。

いつか、この中から この世界の仕事に興味を持つ 『未来の建築家たち』が、ひょっとしたらいるかも知れません。
そんな小さなキカッケの為にも、この企画は続けたいと思っています。

私も、毎回みんなと 楽しんでいます。
今回も、ご参加下さり、ありがとうございました。

ミュンヘン・子供アトリエ
日本語アートコース

Posted bySaki

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply