Welcome to my blog

Faschingsmaske basteln (Di.&Do.)

Saki

2015年2月10日(火)

もうすぐ、ファッシング休暇がやってきます。

今週のアトリエには、みんな仮装して集合!
たくさんのプリンセス、海賊、シェリフ、はちさん、忍者、騎士。
みんな、すご い、すごい。この日は、先生も海賊に。
(長靴をはいた猫になろうかとも、迷ったのだけど…。笑)

さて今日は、みんなで、【ベネツィアンマスク】を作ることにしました。
目標は、ベネツィアのカーニバルに参加できそうなマスクを作ろう!


★ちびっ子アーティスト親子クラス★

だけど今日は、みんな仮装してくるので、お気に入りの衣装が汚れないように、
親子クラスのみんなの分は、先生が絵具を使う段階を下準備。

fmb_v.jpg

fmb_v1.jpg
▲参加のちびっ子達の人数分を色づけします。なかなかアーティスティックな日曜日の午後となりました。:-)

そして、火曜日コース当日。みんながセッセとママとマスクに飾りつけをしている間に、先生は、希望の子にはファッシングメイクも。

☆シェリフに仮装したDくん。
なに、お顔に描いてほしい?と訊いたら…

テントウムシ!

fmb_md.jpg
▲了解!ってなワケで、テントウムシ署のDシェリフです。

☆海賊に仮装したNちゃん。
なに、お顔に描いてほしい?と訊いたら…

イチゴ!

fmb_mn.jpg
▲イチゴを描いたよ。先生の"魔法の鏡"を、気に入ってくれたようです。

ドレスがうれしいのに、キンチョーしてるカワイイ姫なのでした。

fmb_ms2.jpg
▲プリンセスには、のメイクを!

みんなのマスクが完成!

fmb_ml.jpg

fmb_mk.jpg

fmb_m.jpg

羽とキラキラがたくさんついたよ。上手にできたね!みんな、柱の周りをグルグル走ったり…で、今日は大はしゃぎ。
てなワケで、記録写真は少なめ。

★幼稚園児アーティストクラス★

アクリル絵具を使って、自分たちで色をつけていきます。

fmb_kh.jpg

まずは、スポンジの筆で、水分を少な目に原色を重ね塗りします。

fmb_kh2.jpg
細かな飾りをつけていきます。仕上げに、大量のラメも散らしていきます。

(子供たちは、Glitzerラメがダイスキ。ここだけの話、みんなの為に子供アトリエにはKg単位で数種類のラメが用意してあります。全部みせたら、大変なことになるので…ナイショです。大変なこと…というのは、キラキラのお砂場遊びになるからです。)

今日は、たくさんやることがあったのに、みんな頑張りました!

本格派ベネツィアンマスクが完成!

fmb_h3.jpg

みんなの満足な笑みとポーズを お送りします。;-)

fmb_ky.jpg

ジャン!

fmb_ke.jpg

ジャン、ジャン!


ラストに…

fmb_kl.jpg

ジャ、ジャジャーン!

Lくん、キメッキメ、ポーズ!
カッコよく決まったねぇ。パチパチ、パチパチ(拍手)!


2015年2月12日(木)

さて、続く木曜日コースもベネツィアンマスク制作にチャレンジ。

"もっとね、チラチラ(キラキラ)つけたいんだよ。えっとね、ココとココ。"

さすが、几帳面なRくんは、マスクの飾りが見事に!左右対称に出来上がりました。

fmb_bm.jpg
▲騎士ファッションに、トラ・メイク。上手に出来たマスクも一緒に。
アトリエからの帰りの電車では、トラ・メイクに注目されて嬉しかったそうです。

ちなみに、我が家の次男坊も マスク作りにチャレンジ。
既に彩色した方のマスクで作りたいと言うので、親子クラスのみんなと同じバージョンにて。
トラのコスチュームを着て、このマスクを誇らしげにつけて、幼稚園のファッシングイベントに参加しましたよ。;-)
fmb_e.jpg
▲仕上がりは、こんな感じになりました。よぉく見るとアボリジニの様な細かい飾りつけしてあります。


引き続き、アトリエの幼稚園児アーティスト達も、負けてません。こんなステキなマスクが出来ました。
fmb_b3.jpg

fmb_b1.jpg

fmb_b2.jpg
▲魔法の鏡にうつる プリンセス♡マスクをした自分をチェックするCちゃん。
なが〜いこと、のぞきこんで、表情や角度、ポーズを変えてみたり…女の子っ て、なんてカワイイんでしょう。(♡_♡)

fmb_b5.jpg
で、今度はアタマをくっつけて、眺めた後…

ハイ、ポーズ!
fmb_b4.jpg

みんな、ステキなのが出来ました!
アトリエのちびっこアーティスト達、どんなファッシングを過ごしたのかな?


Posted bySaki

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply